チャップアップはセルフメディケーション税制で医療費控除を受けられる?

チャップアップはセルフメディケーション税制で医療費控除を受けられる?

チャップアップはセルフメディケーション税制で医療費控除を受けられる?

 

 

・セルフメディケーション税制とは

 

現在、育毛剤チャップアップを使ってみたいと思っている人、またすでにチャップアップを使って薄毛対策をしている人のなかには、「チャップアップってセルフメディケーション税制で医療費控除を受けられる?」という疑問をもっている人もいると思います。

 

セルフメディケーション税制は近年できた医療費控除制度なので、セルフメディケーションって何?と知らない人も多いかもしれませんね。

 

セルフメディケーション税制というのは、国の医療費を少しでも削減するために設けられた制度で、日頃から健康を維持するために自分でケアできることはケアしていきましょうというものです。

 

日頃からセルフケアすることで、大きな病気になる人が減ればそれだけ医療費がかからなくなりますよね。その代わりにセルフケアの際に薬代などかかった費用を税金から控除しますよ、というのがセルフメディケーション税制です。

 

 

 

 

・チャップアップはセルフメディケーション税制で医療費控除を受けられない

 

育毛剤は長期使用していく必要があるので、チャップアップを継続しようするとなると費用の負担は決して軽くはありません。

 

もし、チャップアップがセルフメディケーション税制で医療費控除を受けられるのであればかなりお得になるので、ぜひ受けたいところだと思いますが、セルフメディケーション税制で医療費控除を受けるにはいろいろな条件があるので、実際に受けることができるかどうかわからないという人の方が多いと思います。

 

結論から言えば、チャップアップはセルフメディケーション税制で医療費控除を受けることができません。

 

セルフメディケーション税制の対象となるのは、第一類医薬品のなかでもスイッチOCTに分類されるものとなっています。チャップアップは第一類医薬品ではなく医薬部外品なので、対象外になってしまうのです。

 

チャップアップに限らず、ほとんどの育毛剤は医薬部外品であり、現時点で第一類医薬品なのはリアップという発毛剤だけです。そのリアップもスイッチOCTではなく、ダイレクトOCTというものに分類されます。

 

つまり、現時点でセルフメディケーション税制によって医療費控除が受けられる育毛剤はないということです。

 

これからチャップアップを使おうかなと思っている人にとっては残念な話になりますが、公式サイト定期便などお得に購入できる方法もあるので、購入するのであれば、公式サイトからの購入をおすすめします。

 

次の記事も参考にしてみてくださいね。

 

 

チャップアップの保湿効果でフケ予防を