知らないと大変!チャップアップを使っているとドーピング検査に引っかかる?

知らないと大変!チャップアップを使っているとドーピング検査に引っかかる?

知らないと大変!チャップアップを使っているとドーピング検査に引っかかる?

 

 

・ドーピング検査に引っかかるか心配

 

これから育毛剤のチャップアップを使ってみようかなという人のなかにはアスリートの人もいると思います。

 

アスリートの人がチャップアップを使うとなると、ドーピング検査に引っかかる?と心配する人もひょっとしたらいるかもしれませんね。

 

これまでにドーピング検査に引っ掛かってしまったアスリートのなかには、知らないうちに禁止されている薬物を服用してしまったというケースも少なくありません。よってアスリートは、日頃から細心の注意を払っていると思います。

 

アスリートではない人からすれば「育毛剤でドーピング検査に引っかかることなんてあるの?」と思うかもしれませんが、過去にはAGA治療薬を使用していてドーピング検査にひっかかってしまったアスリートがいるのです。そのなかには日本のプロ野球で活躍した外国人や、世界的に有名なサッカー選手なども含まれます。

 

よって、こういった実例を聞いたことがある人であれば、育毛剤であるチャップアップもひょっとしたらドーピング検査に引っかかる?と思う人も出てくるでしょう。

 

 

 

 

・チャップアップを使用してもドーピング検査にひっかかる必要なし

 

結論から言えば、チャップアップを使用していてもドーピング検査にひっかかることはありません。よってアスリートも安心してチャップアップを使って薄毛対策することができます。

 

過去にドーピング検査で引っかかった治療薬というのは、プロペシアを始めとする治療薬でフィナステリドという成分が入っている治療薬が検査で引っかかりましたが、チャップアップにはフィナステリドは含まれていません。

 

そもそも、現在ではフィナステリドが含まれている治療薬であっても、ドーピング検査に引っかからなくなっているのです。

 

 

 

 

過去に検査に引っかかっていたのに大丈夫になったのには理由があります。フィナステリドというのはAGA(男性型脱毛症)の大きな原因となるDHTという物質が増えるのを抑制する働きがあるのですが、DHTを減らすことで筋肉増強剤を使用した際に、急激に増えるDHTを減らしドーピング検査をクリアすることも可能であったために、使用が禁止されていました。

 

しかし、現在では仮にフィナステリドを使って筋肉増強剤を使った証拠を隠そうとしても、見破ることができるように検出技術も進歩したため、フィナステリドの使用が禁止されなくなったのです。

 

よって、アスリートであってもフィナステリドが配合されていないチャップアップはもちろんのこと、フィナステリドが入っている薄毛治療薬も使用することができます。ただし、新しい薬が実は禁止薬物だったというケースもじゅうぶんに可能性があるので、アスリートは使用前にアンチドーピング機構に相談するべきでしょう。

 

下記の記事も見てくださいね。

 

 

チャップアップは不整脈のリスクがある?